library-1147815_1280

今日は、鈴木博毅さんの著書、実践版「孫子の兵法」を読んだ。
孫子の兵法をテーマにした書籍は今までにも何度か読んだことはあるが、
この本は、その中でもは読みやすく、ビジネスや生活の事例に落とし込まれて、
腹落ちする内容になっている。
その中でも特に腹落ちしたのはこんなフレーズです。

時間の効率化ではなく、機会の効率化を考える

選択肢を増やす

時流に乗る

トップと補佐役の信頼が大事


孫子の兵法というと
「負けない戦略」
「相手と自分を知れば百戦危うからず」
といったことが有名ですが、
私は特に上の4つがこの本で得た気付きです。
この「気付き」は、今までの人生経験からなんとなくわかっていたことですが、
あえて言語化して事例を交えて説明していただき、
やっぱりそうなんだ、と腹落ちした感覚がありました。

本というと、「知らないことを知る」という側面での活用方法ももちろんありますが、
すでに、なんとなくそう思っていたことを言語化によって腹落ちにまでもっていってもらう。
そういう使い方もあると思いました。

今回はそういう意味では後者の意味で、私にとってベスト10に入る良書でした。

鈴木博毅さんは、「超入門:失敗の本質」の著書でもある方で。
こちらはまだ読んでないので、近いうちに読みたいと思います。

実践版孫子の兵法 勝者を支える最高峰の戦略書 [ 鈴木博毅 ]
実践版孫子の兵法 勝者を支える最高峰の戦略書 [ 鈴木博毅 ]